So-net無料ブログ作成
検索選択

相撲女子とジャンクスポーツ。

フジテレビ、5月2日(土)に放映されたジャンクスポーツってかなり凄かった

というのが今更ながらひしひしと伝わってきています。

内容は『日本の国技はこんなに面白かったんだ!SP』です。


10人の力士を会場に呼んでのトークや身体のポテンシャルチェック

特技紹介といった展開で話が進んでいったということですね。

日本相撲協会のホームページ参照して、登場力士を見ていましたが、

西大関である琴奨菊からはじまり、豪栄道、照ノ富士大砂嵐etcが登場。

横綱である白鵬、日馬富士、鶴竜は出てこなかったものの、

すばらしい面々をよく揃えたものです。


横綱が出てこなかった理由としては、ギャラはもちろんあるとは思うのですが、

主題の一部である日本の国技なのだから、できるかぎり日本人力士を前面に

番組づくりを目指していたのかなぁと想像します。


現状3名の横綱がモンゴル人ということで、割合的にもモンゴルの国技とも

呼べなくもない昨今、琴奨菊やスー女から人気が高い千代丸が相撲を語ったり、

業界を盛り上げてくれるのはいい傾向かと思います。


最近取り上げられている相撲女子、スー女ですが、なるほど力士の凄みも相まって

嵌るというのもアリなのかなと思ったしだいですが、個人的には謎が多い生き物

だろうと思います。


ぽっちゃり好きは確かに割合的にはいるものの、圧倒的な多数はすらっとしたイケメン

が好みでしょう。

相撲=モテとは単純にならない、ナニかがあるのでしょうか。

そういった点でも、奥が深いなと思った次第ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。