So-net無料ブログ作成

相撲女子が名づけた天使の寝顔・千代丸たん。

本名・木下 一樹、千代丸関という力士がいます。


階級といいますか、番付は前頭。

前頭という位は、世間的にはあまり知名度がなく

レベルや強さがわかりにくいと思いますが、

横綱、大関、関脇、小結、前頭筆頭、そして前頭と続きます。


結論として、いい位置にいるのではないでしょうか。

その千代丸関ですが、天使とか千代丸たんといったあだ名がついたのか、

実際の画像を見れば、なるほどと思えるのかもしれません。

千代丸%u3000寝顔%u3000天使-300x249.jpg
http://pigpigace01.com/archives/1842より。

こういった画像が出てくるのが、すごいなと直感的に思いましたが、

どんなものでしょうか。

カテゴリー的にいわゆる、ゆるキャラに当てはまるのではないでしょうか。


また彼が所属する九重部屋でのプロフィールでは以下のようになっています。

【生年月日】 平成3年4月17日
【出身校】 鹿児島県・志布志中学校
【身長】 180cm
【体重】 170kg
【初土俵】 平成19年5月東京場所前相撲
【入門動機】 九重親方に憧れて
【スポーツ暦】 柔道
【得意技】つっぱり
【相撲の魅力】日本の伝統、文化がそのままの形で残っている
【部屋のうり】綺麗好き


相撲は競争のスポーツですが、将棋や囲碁、サッカーや野球でのいえることですが、

観客を魅せて楽しませる仕事といえるでしょう。

そういった面からいえば、こういったキャラクターで魅せるのは、

業界的にもいいでしょうし、本人にもプラスに働いて幸せではないかと思った次第ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。